パワースポット 聖宝寺・鳴谷の滝   http://www.shoubouji.com/

東林寺と、白滝

神亀年間(724〜729年)に、行基菩薩が開祖開山したと伝わっています。
御本尊は奈良時代(710〜794年)に作られた聖観世音菩薩で、元旦と縁日の年2回しか開かれません。
「東林寺」境内に、養老の裏滝の異名をとる涼しげな「
白滝」があります。
養老の滝を雄滝といえば白滝を雌滝と呼びます。高さは22mで、幅は季節にもよりますが約2m弱です。

勝泉寺の桜【花】
(ショウセンジノサクラ)

三重県いなべ市の勝泉寺のしだれ桜です。
境内には、3本しだれ桜が、咲いています
真宗大谷派のお寺です。
樹齢200、330年にもなる美しき桜をぜひご覧ください。

おまけの写真です。あなたの感想は?

四季折々の写真です。季節ごとにまるで違う庭園です。

807(大同2年)年、平安時代初期伝導大師・最澄によって天台宗の寺として開基された。当時は一堂寺と呼ばれていた。
時は七堂伽藍を有する広大な境内があり、僧兵も在住していたといわれています
当寺の庭園は藤原期の造庭と推測され、回遊式の大きい池は別名浄土池と呼ばれ、浄土の世界を表していると伝えられています。
(庭園の大部分は造庭当時そのままで保存されております)
1508(天正8)年、戦国時代に織田信長の北伊勢侵攻にあたり、織田家家臣・滝川一益(たきがわかずます)によって焼き討ちされ焼失。
その後徳川中期、万治元年に大圓宝鑑愚堂が開山となり再興しました。
聖宝寺の境内にある石灰岩の地中を流れ落ちる2本の滝、
鳴谷の滝は、涼をとる場所として夏には特に人気があるスポットです。

 

※聖宝寺には「さるのおんがえし」という民話もあるそうです。こちらから→

*伊勢西国三十三所観音巡礼*
―もう一つのお伊勢まいり―  
伊勢西国観音霊場はお伊勢まいりと共iに
平安時代から千年以上続く歴史ある古巡礼です

聖寶寺は二十九番目の札所になっております

※白い斑点は水しぶき? ごみ? それとも・・・? わかる方いらっしゃいますか?

境内には、3本しだれ桜が、咲いています。

勝泉寺のmy写真が少ないので、お借りした写真もあります。my写真ができ次第、順次貼り付けていきますので、ご容赦くださいませ。

トップ「あげきはっこく亭」へ

阿下喜駅近くには阿下喜温泉「あじさいの里」もあります。いつもきれいなかけ流しの湯です。

温まりやすく湯冷めしにくく肌にやさしい天然温泉です。 ぜひぜひおいでくださいませ